タクシードライバーへの転職

20代の終わりから30代に突入する時に人生のことを色々と考えました。それは転職を含めた人生のことでした。その時に物凄く仕事が嫌だという訳ではありませんでしたが、仕事に対してやりがいを感じる事が出来ずにいたので、転職のありかなと、思い始めると、自分にはどんな職種が適職かということを想像しました。

そして自分中で一つの結論が出たのは、運転が好きなので、運転が生きる職種に就こうと思ったのです。
様々な候補がありましたが、その中でも安定性があり、ある程度の収入が見込める、タクシードライバーに転職をする事を決めました。心が決まってからは行動は早かったのです。
すぐにタクシードライバーの求人を探して、自分が住んでいるエリアに近いタクシー会社の面接を受けに行きました。説明を聞いているうちに、まさに自分に合っている仕事だと思ったので、転職を決意しました。

You may also like...