広告看板の主流はデジタルへ

通信技術の発展とともに広告看板にもデジタルサイネージという技術の進化が見られます。一般的に広告看板は静的であり新しい情報は架け替えるまで更新することはできません。

しかし、デジタルサイネージの技術をもってすれば、新しい情報に書き換えることは容易であり、動的な広告看板にできるのでこれまでに比べて圧倒的な訴求力が得られます。デジタルサイネージのコンテンツを利用することで恒久的な情報だけではなく、見ている人を認識してピンポイントな情報を表示することが可能であり、より訴求力の高い広告にすることが可能になります。

また、デジタルサイネージでは広告看板という概念にとどまる必要がなくなります。駅構内、電車内、街中などあらゆる場所に設置されているという利点を生かして、例えば災害時では避難経路の表示や災害の情報などを表示することで災害難民を減らすことも可能となります。デジタルサイネージの技術発展により、広告看板がより生活に密着したものとなると考えられます。

You may also like...