資金の遣り繰りというのも複雑な仕組みです

企業は、事業で利益を出していても倒産してしまうケースがあるそうです。何故かというと現金=キャッシュがないことが原因での黒字倒産があるからです。企業が事業の為に融資を受けると、返済利子を払う必要があり、その利子は期限までに現金で融資元へ払わないといけません。

この様な企業が負う債務はしっかり履行しないと社会的信用が下がります。そして、新たに資金が必要になった際、その信用力の低下で資金調達を出来ず、その結果、利益を出していても事業が続けられなくなるということみたいです。

ファクタリングというサービスは、財務上は利益があるのにキャッシュ不足で倒産してしまう、という企業の悩みを解決する手段になり得るものです。売掛債権など、それ自体はキャッシュとはならないが期限が来ればキャッシュに変わる債権類を、ファクタリング業者に売却することで時間を待たずに債権のキャッシャ化を実現できることがメリットになります。

但し、ファクタリングサービスを受ける際には手数料がかかり、その分本来の債権価値は値引かれるということはデメリットです。

You may also like...