現代のタクシードライバー事情

街中であればどこでも目にするタクシー。
現在、そのタクシーを運転するタクシードライバーは人材不足のようです。
ここ10年でタクシードライバー人数は、38万人から30万人に減少しています。
人材不足の要因の一つに、運転者の高齢化があります。
それは退職者を補うだけの新しい人材が確保できていないことが原因です。
また、ここ近年の訪日観光客の増加に伴う需要が増えてきたこともあります。
そして不透明な労働環境と低賃金が挙げられます。
そのため求職者のタクシードライバーへのネガティブイメージが人材確保への妨げになっているようです。
この問題を重くとらえているタクシー業界や政府は、いろいろな人材不足対策を行っているようです。
第二種免許の受験資格の緩和や、働き方改革のプランの提示などの対策が行われています。
またタクシー会社も、それぞれ対策を行って人材獲得に乗り出してようです。
自動運転システムの開発も進んでいますが、タクシー業界の人材不足解消に至るか注目していきたいです。

You may also like...