東京オリンピックでタクシー業界が変わりつつあるそうです

タクシー業界が変わりつつあるというニュースを見ました。その要因の一つが、東京オリンピックなのだそうです。海外からの観光客が増加することが予想されるため、外国人の運転手を積極的に採用しようとしている企業があるそうです。

英語を高齢化した日本人の運転手に覚えさせるより、英語を母語とした運転手を採用したほうが良いという判断でしょうか。確かに、外国から日本にやって来る観光客は、日本語を得意としていないでしょうから、英語が話せる運転手がいたら安心でしょう。

ということは、逆に言えば、これからは、日本語しかできない運転手は必要とされないタクシー業界になっていくということかもしれません。このことは、決してタクシー業界に限った話ではないと思います。様々な業界で、オリンピックを境に大きな変化が起きているのかもしれません。

You may also like...