外国の司令部設置に関して思う

たびたび軍の司令官の任命や、軍部の組織変更のニュースが流れています。はっきり言って戦争はしてはいけないという考え方は一般市民だけの意見ではないはずです。軍人も何事もなく、任期を全うしたいと考えているはずです。

大震災の影響からか、大規模の自然災害時の救護が主になっているイメージがあるのが自衛隊です。軍勢だとみている人もいるかもしれませんが、日本は戦争の放棄を行っている国なのです。それでも自衛隊があるのは、国家戦略上で国内の災難から国を守るためにあるもので、戦争するためにあるのではないのです。

外国でも一緒です。軍部にて兵器の配置はなぜ起こるのでしょうか。それは決して戦争をするためではなく、他国をけん制するためのものです。配置を変えることで戦争するためではなく、戦争を起こさせないようにするためだと感じるのは気のせいではないはずです。

ただその中で、全世界規模での軍縮も図ることを考える必要が政治家にはあるはずです。各国政治家や官僚も、頭を悩ましているところかもしれません。しかし、何かと理由をつけて戦力増強を正当化させてはいけないはずです。

You may also like...