試験が好きだった高校時代

誰でも試験というものを受けたことがありますよね。試験は色々面倒なことが多くて好きな人は少ないと思います。しかし、私は好きでした。高校時代限定ではありますが、試験が楽しみでワクワクするくらい好きでした。その理由は2つあります。

1つ目は、試験に何が出題されるのかが分かるからです。私は、先生がどのような問題を作るのかを予想しながら対策を進めるのですが、見事に予想が的中するのです。それがとても面白かったわけです。

2つ目は、高い点数を取ることができるからです。予想が当たるということは、点数もしっかり取ることができるということになります。全科目平均で90点前後くらいという成績でした。満点も何度も取りました。これほどの点数を取れていると、試験が面白くなってくるのです。次はもっと高い点数を取ってやろうだとか、自分と同じくらいの成績の人と争ったりしていました。点数が下がるとショックを受けましたが、次は頑張ろうと言う励みになりました。

このように、試験では良い点数が取れるので私は試験が好きだったのです。ただ、好きだと言ったら変な人だと思われそうなので、当時は誰にも言いませんでした。

You may also like...