私が読書をするようになった理由と読書を続けたいと思う理由

私の趣味は読書です。ありきたりですが毎週図書館に通って1日1?2冊の本を読んでいます。

推理小説、恋愛小説、純文学、伝記や自己啓発書などジャンルは様々です。

本を読んでいるとまるで違う世界にいるようで時間を忘れてしまいます。また、違う国や時代に行った気分にもなれて、気分転換やリフレッシュにぴったりです。

私が本を読むようになったのは、父が大変な読書家で、昔から本だけはいくらでも買ってあげる、たくさん本を読みなさい。本は心の財産になるから。と言われていたからです。昔はその意味がよく分かりませんでしたが、今ではよく分かります。

違う国の人や違う時代の人の色々な考えや言葉に触れることは、本を読むことでしか出来ないと思います。そしてその考えや言葉は自分の考えや言葉をつくる元になると思います。

近年は電子書籍もたくさん出ていますが、やはり私は本を持つ感触、ページをめくる感覚があってこそ読書だと思います。電子書籍では温もりがない感じがします。

これからも読書を続けたいと思います。また、子供ができたら、私も父のように読書の大切さを伝えたいです。

You may also like...